欢迎来到“甜菊网”官方网站微信公众号|繁體中文
 找回密码
 注册帐号

QQ登录

只需一步,快速开始

|订单中心 |购物车有0件商品
日本介绍甜菊糖的安全性
(0 评价)859 阅读3 下载
1.ステビア甘味料の定義   ステビア甘味料は菊科植物 “ ステビア ”(Stevia rebaudiana BERTONI)の葉を原料とし、そこ から水で抽出  ・精製して得られた天然の高甘味度甘味料です。主要 4 配糖体(ステビオシド、レバウジオシドA,レバウジ  オシドC,ズルコシドA)含有量 80%以上のものを ” ステビア抽出物 “ と言います (1)。   なお “ 酵素処理ステビア(α - グルコシルトランスフェラーゼ処理ステビア)” は “ ステビア抽出物 ” に糖転  移酵素を作用させて得られたものです (1)。 2.“ ステビア抽出物 ” の安全性    “ ステビア抽出物 ” は国内外の多くの研究者により古くから各種安全性試験が行われています。長期投与及  び最新の方法による試験等で安全性を疑わせる結果は出ていません。  これまで実施された主な安全性試験  ・ 急性毒性試験  ・ 変異原性試験  復帰突然変異原性試験,小核試験,コメットアッセイ  ・ 繁殖毒性試験  ・ 亜急性 / 慢性毒性/ガン原性試験、  ・ 催奇性試験  ・ 代謝・吸収試験     (ア)ステビアのヒト腸内細菌叢代謝試験     (イ)ステビオールのin vitro肝代謝試験     (ウ)ステビアのラット小腸における吸収性検討-In vitro反転腸サック法による吸収性評価     (エ)ステビアのラット小腸における吸収性検討-ステビアのラット小腸に経口投与した時の門脈血漿中       ステビオールの分析 3.ステビアの安全性試験結果  [1] 急性毒性試験   ステビオシド(経口)の LD50 はマウス、ラット、ハムスターで 8.2g/kg 以上であり、ステビオシドが低毒   性であることを示しています(3) 。  [2] 変異原性試験  Ames 試験,小核試験,コメットアッセイ   ステビオールの変異原性試験ではIn vitro前進突然変異試験等の代謝活性化のケースに DNA損傷性及び   染色体異常が報告されていますが、In vitro の Ames, DNA 修復試験, 、及びIn vi v o のマウス、ラット、   ハムスターの小核試験でいずれも陰性の結果が出ています(Table 1) 。   また高感度の変異原性試験であるコメットアッセイ(多臓器アルカリSCG法)をIn vitro 1機関、   In vi v o 3 機関で実施しました(22) 。In vitro試験はステビオールについてヒトリンパ芽球細胞株を用いて   行い、代謝活性化系の有無に関わらずステビオールはDNA損傷誘発性を示しませんでした。In vi v o試験   では、2機関で実施したステビオール 2 例、ステビア抽出物(市販品)1 例のマウスへの   500,1000,2000mg/kg 投与は、試験した臓器全てでDNA損傷性を示しませんでした(22) 。一方、ステビ   オールを用いた 1 機関の試験では 1 臓器(結腸粘膜)に弱い陽性反応が認められました。 ???????????

打分:

0 星

用户评论: